医療法人社団守成会 広瀬病院

平日 8:00-16:30/土曜AMのみ
tel.042-782-3021(代表)
〒252-0105 相模原市緑区久保沢2-3-16

TOP > 診療科・部門案内 > 放射線科

放射線科

放射線科のご紹介

当院の放射線科ではX線撮影、X線透視撮影、16列マルチスライスCT装置によるCT検査を、PACSを使用して、より高度な医療を目指しています。(フルデジタル化の実現)

X線撮影「CR装置導入」

X線撮影とは、一般にはレントゲン撮影として聞きなれてると思います、胸部や手や足などの写真です。 以前はフィルムで見ていましたが、当院ではCR装置を導入して従来よりも鮮明な画像として高精細モニターで見ることができます。
これにより診断性の高い画像を提供できるようになりました。

X線透視撮影「デジタル装置を導入」

X線透視撮影とは、よく皆さんが知ってるバリウムを飲んで行う胃の検査や造影剤やカテーテルなどを使用して、X-TVモニターで透視しながら、お腹の中のいろんな所の検査や血管などの微細な部位も的確に撮影できて、診断性の高い画像を提供できます。

マルチスライスCT検査装置

CT検査はからだの中の輪切りの断面の連続写真が得られる検査です。
当院では16列マルチスライスCTを導入しました。検査時間がとても早くそして得られる輪切りの画像も情報量がとても多く患者さんには時間的負担は少なく、情報量の多い画像が出来るので診断もすばやく的確に出来るようになりました。

PACS導入

CT導入に伴い、当院では院内情報のIT化の一環としてPACS「医用画像情報システム」を導入しました。これによりX線画像、消化管画像、CT検査画像を各科の診察室や病棟などに設置された高精細モニターで表示、参照出来るようになりました。

そのため検査画像の管理や運用が従来のフィルムより安全にかつスピーデイーに出来るようになり、スタッフに時間的負担もなくその分患者さんにじっくり時間が持てるようになり診察には大きなメリットであります。

院内ネットワーク

デジタル化とPACS導入により病院内で画像診断は院内ネットワークで行われるようになりました。
その為、画像診断は正確に効率的に行われ、患者さんの待ち時間短縮や緊急患者の診断にも院内ネットワークが効率的で時間が非常に短縮されました

放射線科では、これらの業務に信頼されるように努力しております。
「放射線の検査はなんだかいやだなあ」、「バリウムの検査は飲みたくないなあ」など、いろいろな検査の事、わからない事など、気楽に声をかけてください。

ページの先頭へ