TOP > 広瀬病院のご案内 > 地域支援病院としての取り組み

地域支援病院としての取り組み

在宅療養支援病院

在宅の高齢患者さま支援

当院は在宅支援病院として通院困難な患者様に訪問在宅診療(往診)を実施しております。
急な容体の変化にも24時間体制で対応しており、さらに地域の訪問看護ステーションと連携し、より安心できる在宅療養を病院・地域全体でサポートしています。


訪問看護スタッフとミーティング
まちのかかりつけ医

かかりつけ医として日常診療や病気の早期発見治療はもとより、より高度な医療もスムーズに受けられるよう相模原協同病院や東京医大八王子医療センターなどの地域基幹病院とも密接な連携を行っています。
常に患者さまがベストの選択ができるよう病院として取り組んでいます。
また容体が変化しやすい慢性疾患をお持ちの方や高齢患者さまに対しては病状に応じて迅速に対応するよう心がけております。
必要があれば積極的に入院設備をご利用頂き、早期治療を心がけております。

地域介護福祉施設の支援

地域内の介護福祉施設の医療支援を行っております。
施設への往診はもとより、緊急時も24時間体制で対応しています。肺炎など入院治療が必要な場合は当院に入院していただき集中的に治療しております。
御高齢の方や認知症の方は病気の発見が遅れがちですが当院では特にこのような方々に注意を払い早期治療を心がけています。
また地域の自治会や老人会などに参加させて頂き病気についての簡単な講義もさせていただいております。


地域公開講座風景
働きやすい環境づくり

地域の医療増大に対して、安全かつ安定した医療水準を保つため、限られた医療資源(マンパワーや医療設備)の中で最大限の力を発揮できる組織、職場環境づくりを進めます。
情報共有の問題や院内組織の整備など、快適で効率の良い職場をめざし、患者さまへのサービスの向上に努めます。


接遇研修

院内勉強会
ページの先頭へ